島暮らしの中で出逢う風景

島に住んでいると目にする風景。

ちょっとご紹介します。

青白く輝く海

春先、甑島周辺に赤潮が発生することがあります。 ここで紹介する赤潮は水産業に被害をもたらすものではなく、太平洋上でも発生する「ノクチルカ・シンチランス」俗称:夜光虫です。もちろん赤潮ですので昼間は赤錆色が海面を覆い、観光でいらしたお客様のテンションを下げてしまうほどの光景です。しかしこの赤潮、夜は全くちがう景色をみせてくれるのです。

浜辺は青白い光に浮かび上がり、海面には天の川が落っこちたかのような光景が広がります。すごくロマンチックな海!

ただしこの景色 予測は難しく、綺麗にみえるのはほぼ1晩。

この光景に出逢えるお客様は超ラッキーな方ですね。


時計草の花

上甑島の小島集落に「甑フルーツ園」があります。こちらはパッションフルーツの栽培をなさっています。ハウス栽培と露地栽培両方されています。5月下旬このフルーツ園を訪ねるとちょうど花が咲く時期でした。 ふくらんだ蕾がはじけるように一瞬で花が咲きます。そして間もなく花弁はどんどん開いて反っていきます。 午前中のある時間に集中してあちらこちらでどんどん咲いていくのです。まさに時計草、みんなで咲く時間を打ち合わせしているかのようでした。この後受粉し、実がなって赤く熟したら出荷されます。そのまま食べるのも美味しいのですが、私のお勧めはアイスクリームと一緒に味と触感を楽しむ食べ方。

ジュースもgoodです。


港にて(平良漁港)

甑島は島だけに各集落に港があります。

港ではよく「じいちゃん」達が釣りをしている風景を見かけます。

いつも定位置で釣っているじいちゃんの傍らにはいつものネコ。おこぼれをじっと待っているのです。


フルムーン

満月の夜は本当に明るく、街灯のない夜道も十分歩けるほどです。

海には光の道ができて優しく島を照らしてくれます。

海岸に腰を下ろしてビール片手に月光浴。  本当に贅沢な時間です。

 


星降る夜

夏の天の川
夏の天の川

甑の夜空を見上げるとたくさんの星を見ることができます。

人工の光がほとんど無いので小さな星もよく見えるのです。

夏には天頂に天の川が流れ 本当に星が降ってきそうなほどです。

流星群の時期(四分儀座・ペルセウス座・獅子座・ふたご座等)には多くの流星を見ることができます。 流星群の時期に夜空を楽しみに甑島に来るのもいいかもしれませんね。